[FreeBSD] ルートパスワードを忘れた場合

root(su)のパスワードを忘れた場合は、システムを再起動してからシングルユーザモードで起動しなおせば行ける。
まぁ、バックアップデータがあるのなら、FreeBSDを再インストールしてもいいけど、(笑)
もちろんshutdownコマンドが使えないので、強制リセットしかありませんね。FreeBSDの場合はキーボードリセット

さて、システムを再起動すると、ブートローダが起動されて、10秒間の待ちがあります。そこでスペースキー等を押せばシングルユーザーモードで起動させる為のコマンドを入力することが出来るそうです。表示されるメッセージと投入するコマンドを下に記します。

>> FreeBSD/i386 BOOT
Default: 0:ad(0,a)/boot/loader
boot:
 ・
 ・(省略)
 ・
Hit [Enter] to boot immediately, or any other key for command prompt.
Booting [kernel] in 9 seconds... ←ここで時間内にスペースキーを押す!

Type '?' for a list of commands, 'help' for more detailed help.
ok boot -s  ←ここでシングルユーザモードで起動するコマンドを投入!

Enter full pathname of shell or RETURN for /bin/sh: ←そのままEnterを押す!

# mount -a  ←ディレクトリをマウントするコマンドを投入!

# passwd
Changing local password for root.
New password: xxxxx
Retype new password: xxxxx
passwd: updating the database...
passwd: done
# exit

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ バッグ

    Excerpt: [FreeBSD] ルートパスワードを忘れた場合 B型 IT Engineer/ウェブリブログ Weblog: プラダ バッグ racked: 2013-07-07 06:07